臨床研修の取り組みと理念

当院は、基幹型相当大学病院です。

基幹型相当大学病院とは、他の病院又は診療所と共同して臨床研修を行う病院であって、当該臨床研修の管理を行うものです。
医師法改正により診療に従事しようとする医師は、医師免許取得後、基本的な手技、知識を身につける為、いずれかの臨床研修病院で指導医を中心とした適切な指導体制の下、2年間の臨床研修が必須となりました。
当院は関東から東北地方にわたる多くの臨床研修協力施設(中小病院、療養型病院、介護老人保健施設、 保健所、診療所)と一つの病院群を形成し、将来の医療界を支える質の高い医師を育成するため、充実したプログラムによる適切な教育研修体制を供給しています。

当院は、以下に掲げる『臨床研修の理念』に基づいた医師研修を、全病院的に取り組んでいます。

臨床研修の理念

日本医科大学付属病院の病院理念である「つくすこころ」で、良質な医療を提供します。また、教育の場として、優れた医療人の育成に努めます。」を担える研修医の育成を目視し、下記の基本的臨床研修能力の修得を目標としています。

臨床研修の理念

当院では、研修医が「担当医」として患者さんの診療に当たらせていただくことがあります。
研修医が担当する患者さんには「指導医」を必ず配置し、診療の責任をおっております。
 臨床研修の主旨をご理解いただき、ご協力をお願いします。

 

当院は、臨床研修の第三者評価としてNPO法人卒後臨床研修評価機構の認定を受けています。