臨床研修フォーラム

超音波研修

⼼臓、腹部と各々研修を⾏っています。各回とも超音波診断機器を10数台使⽤し、1日かけて専門医師、検査技師ら多くの先⽣⽅による研修指導が⾏われています。

外科手技研修 

初期に縫合糸基礎、糸結び、⽪膚縫合を⾏い、ステップアップとして豚の腸管を使⽤したアルベルト・レンベルト吻合実習等を⾏っています。また、希望者にはより⾼度且つ専門的な手技修得のための指導プログラムも⽤意されています。

症例発表会 

1年次の終了時には、1年目の総括として経験症例の発表会を⾏っています。研修医⾃⾝が発表者と質問者に分かれ、毎年、闊達な質疑応答が⾶び交っています。また、優秀発表者や優秀質問者など賞を設け、受賞者には表彰および記念品が授与されます。