研修プログラム

 平成22年度からの臨床研修制度改正に伴い、研修プログラムの自由度が大きくなりました。これらを受け、付属病院臨床研修プログラムはA.B.Cの3つのプログラムを作成しました。プログラムA.は研修2年次に研修医の将来のキャリアに応じた診療科における研修を11ヶ月行なうことが出来ます。プログラムB・Cは、将来小児科、産婦人科の専門医を目指す特別プログラムを設けました。更に地域医療研修充実のため、地域の病院、診療所等にご協力いただき、枠を大幅に増やしました。

やる気のある研修医の皆さんの応募をお待ちしています。

 

プログラム別分野ごとの研修期間

プログラムA

1年次    内科6ヶ月、救急3ヶ月、選択必修科3ヶ月
2年次    地域1ヶ月、選択診療科11ヶ月(内、1ヶ月は外科必修)

プログラムB

1年次    小児科3ヶ月、内科6ヶ月、救急3ヶ月
2年次    地域1ヶ月、NICU2ヶ月、外科(小児外科)2ヶ月、選択診療科7ヶ月

プログラムC

1年次    内科6ヶ月、救急3ヶ月、産婦人科3ヶ月
2年次    地域1ヶ月、選択必修科2ヶ月、選択診療科9ヶ月

年度別プログラム

詳しくはこちらをご覧ください。